-----スポンサードリンク-----

【パチスロ】北斗の拳 天昇・初打ち・感想

今回は前回の記事の続きですね。

 

 

前回の記事↓

聖闘士星矢 海皇覚醒で不屈中を確認したので解放するまで追った結果

 

今回は新台の北斗の拳 天昇を打ってきたので感想と結果を。

 

 

まぁ2台しか打ってないんですけどねw

 

 

北斗の拳 天昇 390G~

 

 

まぁ十分なハマり台。

 

 

リゼロと同じような台らしいのですがリゼロと違うのは導入台数ですよね~。

 

 

北斗はそこそこの台数導入されているホールが多いので導入されてから1ヵ月ぐらいは台数こなせそうですよね~。

 

 

リゼロは数台のホールばっかだったんでハイエナも何も空き台がない状態でしたからねー最初は。

 

 

そして1回目の増台後からそこそこ拾えるようになった印象です。

 

 

長くなりましたが結果は641Gで当たり激闘ボーナス。

 

 

ここで3勝すればATの真・天昇ラッシュに突入ということでリゼロですねw

 

 

ここで通常時に貯まっていた昇舞個数によって勝利期待度が変化するワケですね~。

 

 

さらにバトル中に引いた子役によっても勝利書き換えがあるっぽい。

 

 

詳しくはサブ液晶に詳細が載ってるし勝った時にはボタンを押せば何を引いて勝ったのかとかがわかります!

 

 

ってな感じですけど2戦目でアッサリ負けてラッシュには入らず終了。

 

 

しかし700G(天井)からのAT突入しなかった時には次回200Gのゾーン以内に当たるのが濃厚らしいんですが600G以降の当たり(AT当選なし)でも有利区間引き継げば200Gのゾーン以内に当たるのが濃厚らしい。

 

 

そして239Gで当たるもまたもや2戦目で負けて止め。

 

 

有利区間引き継ぎとかもリゼロっぽいですね。

 

 

リゼロはAT後の有利区間引き継ぎがアツかったですよね。

 

 

北斗の拳 天昇 269G~

 

 

ちょっと早いけど打っちゃいます。

 

 

300G手前からが今のところ狙い目っぽいですかね~。

 

 

これが610Gに当たり今度は3戦目で負けてAT突入ならず・・・

 

 

しかし有利区間ランプは点灯したままだったので続行(負けてすぐ消えるワケではなく2、3G目に消灯することもあるらしいので注意ですね~)。

 

 

これが今度は80G過ぎに突入した断末魔モードのバトル中に中段チェリーを引いて当たり。



-----スポンサードリンク-----


 

 

これは中段チェリーのおかげなのか?

 

 

とりあえず初の真・天昇ラッシュ!!

 

 

これがアッサリ・・・

 

 

1000枚オーバーで終了。

 

 

閉店時間も近かったのでブン回しましたw

 

 

AT中は修羅のほう選んだんですがおもしろかったですね~。

 

 

出玉スピードもですがやっぱ北斗はおもしろい!!

 

 

北斗は転生の章が大ヒットでしたが修羅も新伝説創造も導入当初はコケてましたけど最近の機種と比べるとやっぱりおもしろいですよね!!

 

 

っというワケで感想というか予想なんですがー・・・リゼロより流行りそうな気もする!

 

 

まずはリゼロは増台しすぎたので若干コケた感がありますけどやっぱりヒットしたはしたと思いますね。

 

 

今では全然打たれてないですけどもう新台で数台入っても全然打たれない台とかたくさんありますからね~。

 

 

今回の北斗はけっこう通常時も断末魔ゾーンとかリゼロよりかはおもしろかったですかね~w

 

 

AT中もリゼロは純増が8枚なのでスピード感はありますがけっこう単調ですからね~。

 

 

北斗はなんかやっぱバトル系なんで打ってて楽しい。

 

 

そしてもう明らかにハイエナ機なので流行ってくれるとありがたいですよね~w

 

 

まぁどのみちハイエナ機という情報が広まれば拾える頻度は減りますが稼働率さえ高ければ全然打てますからね~。

 

 

とりあえず初打ちはけっこう楽しめました!!

 

 

バンバンハイエナしてきます!!w

 

 

今回の収支

 

 

+20,400(前回の記事の分も合わせての収支です)

 

 

台数的にはちょうど良いんで増台さえしなければ絆、ハーデスの撤去も近いんでがんばってくれそうですけどね~。



応援お願いします!!



にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

Similar Posts:

-----スポンサードリンク-----

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ